日常に運動を取り入れてみよう

道具を買わなくても良い

タオルを用意しよう

大腿四頭筋や膝だけでなく腕の筋肉や、握る力や引く力を鍛えたい人はタオルを使いましょう。
イスに座ったらタオルを半分に折り、細長い状態にしてください。
そして足のかかとにタオルを引っ掛け、膝と肘を曲げた状態で足を持ち上げます。
この時は腕を引きながらも、足ではタオルを押しましょう。
つまり足と腕で、タオルを引っ張り合う状態になります。
この状態を5秒間維持し、時間が経過したら力を抜いて一旦休憩してください。
そして同じような動作を、10回を3セットとして行います。

運動で使うタオルは、どのようなものでも構いません。
新しく買う必要はなく、出費を抑えながら運動できる面から人気があります。
さっそく今日から、取り組んでみましょう。

習慣にするために

1週間に1回という少ない頻度で運動をしても、身体に良い効果を与えることはできません。
継続することがポイントなので、毎日続けることを心がけてください。
しかし運動の疲れが残っていたり、身体に痛みを感じたりしている時は休んでも構いません。
まだ運動に慣れていない頃は、2日に1回のペースでも良いでしょう。

休憩を挟みながら運動することで、無理なく続けられると思います。
また、運動する時間を決めるのが良い方法です。
お風呂に入る前や上がった後など、運動しやすい時間を自分で決めてください。
その生活を続けていれば習慣になり、意識しなくても自然と運動に取り組めるようになります。
運動に必要なイスやタオルは、近くに用意しておきましょう。


この記事をシェアする

↑ページの先頭へ